株式会社チャイルド本社とこども向けの絵本Appを、AppleⓇのiPadⓇむけにリリース。初回作品は「あんなになかよしだったのに…(作 かさいまり)」

Releasing child book iPadⓇ Application cooperated with CHILD HONSHA CO., LTD.

全国学校図書館協議会選定図書、日本図書館協会選定図書でもある人気の絵本を原作に採用。
作家、出版社、開発者が力を合わせて作ったデジタル絵本。

株式会社チャイルド本社(代表取締役:浅香 俊二、東京都文京区)とクロフネ株式会社(代表取締役:清水 康雄、東京都港区)は、AppleRが提供するタブレット端末「iPadⓇ」向け専用コンテンツの販売を開始いたしました。両社はこどもが楽しめる電子書籍、デジタル・コンテンツを目指して、AppleⓇ のiPadⓇおよびiPhoneⓇを対象としたコンテンツを、ともに提供してまいります。
初回の作品は、ひさかたチャイルドから発行され、心の絵本として各方面で高い評価を得ている人気絵本作家かさいまりの「あんなになかよしだったのに…」。 原作絵本は全国学校図書館協議会選定図書、 日本図書館協会選定図書として評価されている作品です。
 いつも仲良しのこぐまの「だい」と「ちい」。ある日、だいの何気ない一言がちいの心を傷つけてしまいます。仲直りしたい「だい」ですが…。言葉の大切さを感じさせるハートフルなストーリーです。
Appでは、画面を横向きにすれば絵本として読め、画面を縦向きにすればムービーとして観ることができます。評価の高い絵本をデジタルで表現するにあたり、作家、出版社、アプリケーション開発者が長い時間をかけて、こどもがデジタルで物語に触れあう時の新しい楽しみ方、iPadⓇでの絵本のあり方を試行錯誤しながらつくり上げました。
このiPadⓇ専用アプリケーションは、App Storeを通じて「かさいまり」の名で、1000円にて提供されます。日本語版でしか準備していませんが、全世界で購入可能です。
両社はこの作品をきっかけとして、こどもたちへの新しい楽しさの提供にむけて、さらなるアップデートと新しいコンテンツの提供の努力を続けていく予定です。

プレスリリースのダウンロードは、こちらから。