クラウド総合ソリューションのベース「Cloud Ocean Web Service」リリース。タブレット接客ソリューション「Cloud Boat」をアップデート。

Releasing “Cloud Ocean Web Service”, about the infrastructure of integrated cloud solution.
Updating the Tablet based store service support solution “Cloud Boat”.

クラウド・ストレージと連携するリソース管理。スプレッドシートによるデータ管理。大規模システムとも、PCともつながる、クラウド総合ソリューションのベースをWebサービスで。 エンターテインメントな接客ソリューションを同時にアップデート。

クロフネ株式会社(代表取締役:清水 康雄、東京都港区)は、クラウド総合ソリューションの ベースとなるWebサービス「Cloud Ocean Web Service(クラウド・オーシャン・ウェブ・サービス)」 をリリースいたします。
 同時に、2011年9月29日リリースより好評いただいているタブレット・ベース接客サービス・ソリューション「Cloud Boat(クラウド・ボート)」をCloud Ocean Web Serviceに合わせてアップ デートいたしました。
「Cloud Ocean Web Service(クラウド・オーシャン・ウェブ・サービス)」は、Webテクノロ ジーをベースにした、クロフネ株式会社が提供するクラウド・サービス「Cloud Ocean(クラウド・オーシャン)」の基本となるインフラストラクチャです。Cloud Oceanをご活用いただくお客様のデータ・ストレージとして、基幹システムやEコマースとの接続ハブとして、スタッフやデバイスを管理するWebサービス領域として、様々な用途に活用いただけます。
たとえば、「Cloud Ocean Web Service(クラウド・オーシャン・ウェブ・サービス)」は、次の用途を実現可能です。

1.Dropboxなどのストレージ・サービスをベースにしたリソース同期

Eコマースで使われる商品画像、タブレットでカタログのように表示させたい商品画像。これらのリソースを同期して管理します。Cloud Ocean Web Service、Dropbox、自社内のストレージ領域などに画像をアップロードするだけで、Cloud Ocean Web Serviceに接続したサービスは、画像が最新の状態に更新されます。

2.スプレッドシート、データベースとのデータ同期

商品データ、個人情報、受注データなどは、大半が自社内システムやスプレッドシートの形でデータが管理されています。Cloud Ocean Web ServiceはMicrosoft Excelやデータベースと接続し、Cloud Ocean Web Serviceに接続したサービスに同期します。

3.インターネット・サービスとの連携

Cloud Ocean Web Serviceは指定されたインターネット・サービスのクロールを実現します。自社で使うデータをCloud Ocean Web Serviceが収集し、Cloud Ocean Web Serviceに接続したサービスで活用できます。

4.同期設定の柔軟さ

Cloud Ocean Web Serviceは柔軟な同期をコントロールします。接続されたサービスとのデータのやり取りは最小化するよう、更新情報を保持します。オフラインでも機能するサービス、商品、個人情報のような重要 なデータには、同期でどのようにデータを処理するかを選択でき、オペレーションのミスを修復できる機能を備えています。

タブレットをベースにした接客サービス・ソリューション「Cloud Boat(クラウド・ボート)」 は、Cloud Ocean Web Serviceと密接に連携するためにアップデートしました。
本日、追加された「Cloud Boat(クラウド・ボート)」機能は、以下のとおりです。

1.Cloud Ocean Web Serviceが提供するリソース同期、データ同期に対応

Cloud Ocean Web Serviceが提供するストレージ・サービスとのリソース同期、スプレッドシート、データベースとのデータ同期に対応します。リソースやデータの管理の品質が格段に向上します。

  • 画像、映像を、Dropboxや自社サーバーにアップロードするだけで、同期すればCloud Boatで表示される内容がアップデートされます。
  • スプレッドシートや自社データベースで管理している商品情報と、タブレットの商品情報が Cloud Ocean Web Service を通じて同期します。
  • インターネットにある情報をCloud Ocean Web Serviceが収集し、その情報をタブレットで活用できます。
  • Cloud Boatが接客時に収集した情報を、Cloud Ocean Web Serviceに同期できます。

2.マルチリンガル

グローバルなニーズに対応するため、複数言語をひとつのApp内で実現する機能を備えました。

3.オフライン/オンラインの柔軟性に合わせた同期

今まで同様、製品データ、接客時に取得・作られた情報をどこに保存するかは、カスタマイズ時に選択可能です。合わせて、同期でも柔軟さを増しています。

  • 100%オフラインでも正常に稼働します。その際、接客データはタブレット内に保存されます。オンラインになった際に、どのようにCloud Ocean Web Serviceにデータをアップロードするかは選択可能です。
  • オンラインが前提のデータは、オフライン時に表示できないように制御可能です。それはAppが機能しないことを意味しません。一部の機能に制限が発生するだけです。
  • 商品情報など、更新タイミングが重要なデータは、同期時に同期タイプを選択できます。前回の状態に戻すリカバリー機能も保持します。

Cloud Boatは接客シーンにおいて、カタログのベースとして、医療や学校のようなシーンにまで活躍の場を広げています。それは日本国内だけでなく、世界へむけてのソリューションとして注目されています。タブレット市場で圧倒的ナンバーワンのシェアを持つiPadⓇで、最新のiOS 5とともに、ブラウザやPDFによる表示ではなく、真のiOS Appとして、最高のユーザー・エクスペリエンスを実現します。
Cloud Ocean Web Serviceとの連携によって、接客シーンにおけるユーザーの方々だけでなく、活用されるスタッフ、支援するエンジニア、マネージャーやエグゼクティブの方々までもが、快適で愉しめるエクスペリエンスの創造を追求します。

また、この機会に、クロフネ株式会社が提供するクラウド・サービス「Cloud Ocean(クラウ ド・オーシャン)」は、以下のサポートを強化しました。

Cloud Ocean Web Serviceによるお客様サポート、開発者コミュニティ、セールス・サポート

Cloud Oceanを導入いただいているお客様、開発に協力いただくデベロッパー、導入を支援いただくセールス・スタッフ、それぞれの方々が充実した情報をいつでも入手できる環境としてのサービスを開始いたしました。

Mobile Device Managementサービス

iOSをベースにしたモバイル・デバイスの管理をサービスとして追加いたしました。

Apple Developers Account導入サービス

Enterprise Accountを必要とするCloud Boatの導入に際して、Apple Developers Accountを管理するサー ビスを追加いたしました。

今後、クロフネ株式会社が提供するクラウド・サービス「Cloud Ocean(クラウド・オーシャ ン)」は、以下のアップデートを予定しています。

他のデバイスへの対応

スマートフォン、PC、ブラウザでの稼働を実現します。

管理機能の強化

Cloud Boatを活用しているビジネス全体の活動状況を分析できるツールを準備いたします。

iOSおよびApple社のテクノロジーへの迅速な対応

アップル社の提供するサービス、最新機器への迅速な対応を想定して、準備しております。

プレスリリースのダウンロードは、こちらから。